アコムからお金を借りる

アコムからお金を借りる!消費者金融でお金を借りる

アコムは私が契約した消費者金融の中で仮審査の返答が最も早かったカードローン。

ネットで仮審査が済んだという連絡があったのが申込をしてから約15分だったので他社よりも早い返答が魅力。

そこからの手続き自体は他社とあまり変わらず実際に融資を受けることができたのが申込をしてから1時間と15分

他社と違うのがクレジットカードとしての機能も付けることができるので実質、クレジットカードも即日発行が可能。契約日から30日は無利息期間のキャンペーンを受けることができるのでお金は借りたいが金利など考えている暇はない!という人は一旦アコムから融資を受けて後でゆっくりと借り換え先を探すことも出来るのが魅力です。

ここではアコムからお金を借りたいと検討中の人へ私の体験談を踏まえ詳しく解説していきます。

アコムからお金を借りる前に知っておきたい7項目

アコムを利用するにあたって是非知っておきたい事をまとめてみました!

申込条件やスペック詳細を簡単に説明

まずはアコムについてを知っておこう!

基本スペック
借入利率融資額年齢保証人
3.0%~18.0%最大800万円20歳以上70歳未満不要
返済回数無利息期間融資時間目安収入証明書
1回~100回契約日から30日間最短1時間原則不要

※30日の無利息期間ははじめての契約者で初回融資

アコムは三菱UFJ銀行グループで大手の消費者金融。1978年創業で老舗中の老舗でCMで目にする機会も多いので大手の安心感というのは説明不要。

CMで目にする機会も多いので私の4歳の娘も「はじめての~アコム~」と口ずさむほど(笑)。

その名のとおりはじめてのを強調している分、消費者金融でお金を借りる際にはじめて利用する人も多いため他社よりも審査通過率が高くなっているのも特徴。

融資もネットで申込を行うと仮審査完了まで公式では30分と記載されているのですが私の場合は15分程度で30万円の審査通過の連絡が来たので他社よりも早い印象を受けました。

スピード重視の人に審査が通るのか通らないのか手っ取り早く知りたい人にとってはメリット以外なんでもありません。

即日融資に対応でマスターカードのクレジット機能まで付ける事が出来るでカードローン兼クレジットカードも即日発行可能です。

金利面でよく消費者金融は金利が高いと言われていますが、アコムの場合契約をした日から30日は無利息期間なのでとりあえず利息を考えず金策に対応したい!という人にもおすすめ!

ただ、いいところばかりではなく当然不便なところもあり、最近登場したアプリでATM出金する機能がないので振込融資を使って一度銀行へ振込をしてもらう必要があるという点。

今すぐお金を借りたい人にとってはこういったデメリットよりもメリットの方が多いので急いでいる人にはおすすめ!

こんな人におすすめ!
  • 今すぐ50万円以内のお金を借りたい人
  • 早期完済をする予定の人
  • とりあえず利息に関してを考えたくない人
  • クレジットカードを即日発行してもらいたい人
  • 店舗(無人契約機)へ来店する事が出来る人

お金を借りれるか借りれないのかをすぐに分かるのがせっかちで心配性の私にはピッタリの消費者金融だと感じました(笑)。

とりあえず利息がつかないので金利を比較しなくてもいいのが嬉しいところですね。

利用できる人の属性について

アコムへの申込条件はたったこれだけ。

  • 申込をした時点での年齢が20歳以上70歳未満
  • 返済に必要な安定した収入があること

これだけなので、大半の人が該当する条件です。でも、この返済に必要な安定した収入ってどんな定義だ?と思う人もいるかもしれません。

簡単に言うといわゆる仕事してるかしてないかという事なんですがどういった収入がある人が安定した収入がある人なのか表にまとめてみました。

アルバイト申し込み可能
パート申し込み可能
不動産賃貸収入がある人申し込み可能
学生(親の仕送りのみ)申し込み不可
学生(奨学金)申し込み不可
学生(アルバイト)申し込み可能(20歳以上)
専業主婦申し込み不可
主婦(パート)申し込み可能
年金受給者申し込み不可
外国籍永住許可のある人のみ可能

安定した収入っぽいのが専業主婦や親から仕送りもらっている学生。
そして毎月奨学金を振込まれる学生。

これは自身で発生させた収入ではないので申込はNG!1ヶ月でもアルバイトやパートをする事で申込条件に該当するので自身の名義でお金を借りたいという人は仕事をして収入を得たほうがいいです。

アコムの場合は、1日でも仕事をすれば「見込み収入」という形で審査を受けることが出来ます。

ちなみに余談ですがプロミスは仕事が決まった時点で「見込み収入」で審査を受けることが出来るのでプロミスの方が申込条件はクリアしやすいのが特徴。

タイトルとURLをコピーしました