JAバンク(農業協同組合)からお金を借りる5つの方法

銀行カードローンでお金を借りる

割と地方の人の方が知っているかと思いますが、農協共同組合のJAからお金を借りる事が出来ます。私も7年ほど前に中古車の購入時にマイカーローンを200万円でローンを組み、クレジットカードも契約しています。

そんなJAからお金を借りるための5つの方法をここでは紹介していきます。

お金を借りる方法は全部で5種類。いずれもJAバンクからの借入が出来ます。私も中古車の購入時にJAのマイカーローンを利用するために口座を作りました。全体的に金利も低くおすすめです。

JAバンクからお金を借りる方法一覧

JAバンクは以下5つの用途でお金を借りることが可能。

  • 口座付帯のクレジットカードとしての利用
  • JAバンク取り扱いのカードローンとして利用
  • 住宅ローン、リフォームローンとしての利用
  • マイカーローンとしての利用
  • 教育ローンとしての利用
  • 多目的ローンとして相談によっては利用できるローン

クレジットカードとカードローンは自由用途で自分で好きに利用できるのが嬉しいところ。

その他の住宅ローン、マイカーローン、教育ローンは用途自体は決まっているのですが、低金利でお金を借りることが可能です。ではこれらのローンを順に説明していきます。

JAのキャッシュカード兼クレジットカードについて

こちらはJAのキャッシュカードに対して付帯するクレジットカードです。VISAデビットではなくてショッピング枠をつけたクレジットカードとしての利用が出来ます。

こちらは三菱UFJニコス株式会社がJAバンクと提携して付帯するものなのでキャッシュカードとクレジットカードを別に持っているようなもので別々の使い方が出来ます。

支払自体はJAバンクの残金から引き落とされるという仕組みです。キャッシュカードを作る際に勧誘されるので欲しい人はつけてもいいかと思いますが実質的にJAから借りるわけではありません。

JAバンクのカードローン

自由用途で好きなように入出金できるのがJAのカードローン。各支店によって金利が異なるのですが、基本的に、カードローンとしてはかなり金利が低いので利用できる店舗の範囲の人は利用したほうがいいです。それくらい貸付の条件が大手消費者金融や他社銀行カードローンよりも低金利で借りる事が出来ます。

ただし住んでいる地域によってはカードローンの取り扱いがないところもあります。利用方法としてはまず公式サイトのカードローンの取り扱いが自身の住んでいる地域であるのかを検索してみましょう。

例えば広島県のJA佐伯中央だと年 10.000% ~ 年 13.000%で利用することが出来ます。

入力した項目でヒットしない場合はその地域でカードローンの取り扱いがない、もしくはインターネットでの申し込みができないということなので一度近くのJAに電話し確認されてみてください。