みずほ銀行カードローンでお金を借りる

銀行カードローンでお金を借りる

みずほ銀行カードローンは、最大でも14.0%の金利なので他社と比べて低金利。銀行のカードローンは上限金利の平均が14.5%前後なのでみずほ銀行は金利の面ではかなりお得。

今すぐ借りれる銀行カードローンを利用したいという人にとって使わない理由はないほどですが、このカードローン。ネックなのがすぐに借りれないという事。

すでにキャッシュカードを持っている人はキャッシュカード付帯でカードローン機能を付けてもらえば最短で3日から5日程度で使えるようになるのですが、普通預金口座を現在持っていない人は新たに作らなくてはなりません。

今すぐお金を借りたい人でみずほ銀行の普通預金口座をお持ちの人とどうしてもみずほ銀行からお金を借りたい人はこのまま読みすすめてください。

普通預金口座がなく急いでいるという人は、プロミスかレイクALSAのページなら今から(22時~8時除く)1時間程度で借りれるのでそちらをお読み下さい。

みずほ銀行からお金を借りる前に知っておきたいこと

みずほ銀行カードローンは、2つのカードタイプから選べます。まず今持っているキャッシュカードにカードローン機能を付けてもらう事。

もう一つはローン専用カードを発行してもらいATMは使い分けてそちらを使う方法。私の意見を言うとカード自体はキャッシュカードでひとまとめにしてしまったほうが楽ですし、家族等にもバレにくい。

それに、口座振替や元金返済の引き落としの時に残高が足りない時に自動融資設定を付けることで銀行口座の機能が連動出来ます。なんのデメリットもないので今検討している人はキャッシュカード付帯にしたほうが良いかと思います。

それではみずほ銀行カードローンのスペックというものを見ていきましょう。

基本スペック
借入利率融資額年齢保証人
年2.0%~14.0%800万円まで満20歳以上満66歳未満不要
口座開設無利息期間融資時間目安収入証明書
必須なし最短3日(口座あり)50万円まで不要

みずほ銀行カードローンは1万円単位で契約出来ず、10万、20万、30万、50万、100万、150万という感じで50万円以上の場合は50万円単位での限度額で契約となります。

希望額を低めにしても「○○万円までご契約できますがどうされますか?」と聞かれ、高めにしてもどのみち「○○万円ならご融資できますがどうされますか?」と聞かれるのであくまで本人の返済能力と信用情報次第なのでどの金額を希望してもあまり意味はありません。

金利面は2.0%~14.0%の金利で利用できますが、こちらは契約する限度額のよって適応される金利が決まっています。

限度額適応される金利
10万円以上100万円未満年14.0%
100万円以上200万円未満年12.0%
200万円以上300万円未満年9.0%
300万円以上400万円未満年7.0%
400万円以上500万円未満年6.0%
500万円以上600万円未満年5.0%
600万円以上800万円未満年4.5%
800万円年2.0%

参考:みずほ銀行:カードローン金利・ご利用限度額より抜粋

余談ですが、みずほ銀行の住宅ローンを利用している人は上記の金利より0.5%低い金利で契約を行えるので住宅ローンを契約中の人はより利用メリットが大きいです。

どこぞの銀行や消費者金融と違い金利幅に期待を持たせて結局上限金利での契約になるより最初から金利が決まっているので個人的にはかなり好きです。

どういった人が利用できる?属性で分けてみました

みずほ銀行カードローンは結構厳しめ。利用出来る人はそれなりの返済能力を求められます。

まず、公式から利用条件というものを引っ張ってきました。

ご利用いただける方

以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

*外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

*審査の結果によってはご利用いただけない場合があります。

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/detail/index.html

といった内容。保証会社は株式会社オリエントコーポレーション(以下オリコ)で、みずほ銀行の審査とオリコの審査に通る必要があるので審査時間が遅く、他社よりは厳しめの印象です。

この安定かつ継続した収入が見込める方というのは要は仕事をしてるかどうかといった意味なのですが、属性で分けた表にしてみました。

アルバイト申し込み可能
パート申し込み可能
不動産賃貸収入がある人申し込み可能
学生(親の仕送りのみ)申し込み不可
学生(奨学金)申し込み不可
学生(アルバイト)申し込み可能(20歳以上)
専業主婦申し込み不可
主婦(パート)申し込み可能
年金受給者申込み不可
債務整理経験者申し込み可
無職(ニート含む)申し込み不可
外国籍永住許可のある人のみ可能

基本的に、自身の収入がない人は利用不可。年金受給者の人も利用制限が66歳なので最初から受付は行っていないので注意。

主婦の人はパートをしていれば利用できますが、専業主婦の人は利用できないので注意。

債務整理経験者の人も利用する事ができますが、審査が通る通らないの話とは別物で信用情報が回復している事が条件で、目安としては債務整理を行い、各ローンの契約が完了となったあとから5年程度。それまではブラックリストに記載されている状態なので利用することは出来ません。