任意整理中でもお金を借りる事は出来るのかを詳しく解説!

条件別でお金を借りる

任意整理中の人でもカードローンやキャッシングでお金を借りることが出来るのかを検証した事をまとめました。

既に返済が苦しくなり、返済能力を超えてしまったから任意整理を行うという人も多く私の友人も先日、任意整理を行いました。

この友人のすごいと思うところは任意整理中なのに別のところから新たにお金を借りていました。

どうしても数万円ほど必要だったらしく業者との交渉途中で別業者から融資を受けたようです。

任意整理は確定した後に契約が「異動」として信用情報に記載されるのでこの記載があるといわゆるブラックリスト入り。

どんなローンも借入ができないという状態になります。しかし任意整理中であればまだお金を借りることは実際に出来るのでこの友人の実際に行った経緯や信用情報を見ながら詳しく解説していきます。

任意整理中にお金を借りるには

任意整理とはどういった事をするのか?

まず、この任意整理について簡単に説明します。任意整理とは債務整理の方法の1つです。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

この方法の中の一つで自己破産は借金を法的に免責する方法。個人再生は借金自体を大幅に減らし返済する方法。

そして任意整理は現時点での元金は返済するけれど利息自体は払わない事を指定する業者へ交渉し返済を行う方法です。

もちろん借金自体を合法的に帳消しにしてもらう自己破産なら返済する必要がなくなるので弁護士(法人含む)や司法書士(法人含む)の報酬のみで済むので最も楽です。ですが、官報に名前と一緒に記載されてしまうので信用情報は5年後に抹消されても大手では記載日から7年間貸付を行わないなどの自社リスト内のルールを決めているところも多いです。

この任意整理は官報に記載はありませんが、借りたお金、いわゆる元金は全額返す必要があるので債務整理の中では最もしんどいものとなります。

任意整理を行うと信用情報はこのようになる

任意整理を行うと信用情報はこういった記載となります。

任意整理中のCICの信用情報を取得した時の写真
異動が記載され、返済中なので保有期限の記載がない状態

契約内容に異動と記載されていますね。これが信用情報の致命的な金融事故として処理されてしまうので、大手消費者金融や銀行では仮審査まではシステムを組んで自動で行っているところが多いですが、これで弾かれてしまうので審査に通る可能性はほとんどゼロに近いです。

しかし任意整理の交渉中であればまだ融資を受けること出来ます。

任意整理の交渉中ならまだお金を借りられる

任意整理中であってもまだ交渉中であれば信用情報に記載はないのでお金を借りれます。

しかし以下の条件を満たしていないと借りる事は出来ません。

  • 借りているお金が年収の1/3以内である
  • 任意整理の交渉を始めているが滞納はまだしていない状況である

年収の1/3以上の借入は総量規制に該当するので、消費者金融は当然融資を行うことはできず、銀行も2018年の1月から自主規制として導入しているので借入することは出来ません。

そういった場合は「おまとめローン、借り換えローン」を利用する必要があります。

そして、任意整理の交渉を行うと、弁護士(法人含む)、司法書士(法人含む)は、必ず現時点での返済をストップするように言われます。

弁護士(法人含む)、司法書士(法人含む)は長いので以下から専門家という表現をしていきます。

つまり、交渉が終わるまで返済をしなくても良いという事を伝えられます。つまりどういうことかというと、滞納中のローンが出来てしまう事を意味します。

現在進行中の滞納の情報は信用情報にも記載されますし、その状況で審査は通らなくなるので交渉を始めて、最初の返済期限日を過ぎないことが任意整理中でもお金を借りる事が出来る期間であると認識しておきましょう。

任意整理をしてもお金を借りる事はできるの?

一般的には債務整理をすると5年から10年間ローンを組む事ができないと言われていますが、5年~10年ってかなり期間が広いですよね。

信用情報というものは、契約さえキチンと済ませておけば時間が必ず解決してくれるものです。

任意整理の場合は、どれくらいの期間が掛かるのかというと大体3~10年間くらいかかる事をイメージしておきましょう。開きが多いと感じる人もいるかもしれません。

この理由には根拠があり、任意整理を行うと大体3年~5年で完済を行うように交渉を行います。

この返済中の情報と言うのは、異動は残りますが返済中のステータスです。

完済後に契約は晴れて終了となりこの情報の保有期限が5年ほどあるので、この情報が残っている間はブラックリストのままです。

最も早くお金を借りる信用情報にするには完済し契約を終了した時点で信用情報から情報を削除するように業者と交渉を行う事が重要です。

これは本人が直接交渉でも専門家に任せても交渉は可能で、基本的に応じてくれます。

こうすると保有期限内であっても信用情報は削除してくれるので1ヶ月~2ヶ月後に信用情報は回復します。

基本的にはカードローンやクレジットカードは問題なく利用することは出来ますが、任意整理した業者に対しては今後ローンの審査に通る可能性はほぼないので、申し込みは別の業者を選ぶようにしましょう。

CICの信用情報を定期的に取得してチェックをしておきましょう。

まとめ

最後に任意整理中の人でもお金を借りる方法をまとめました。

  • 任意整理中でも交渉中であれば借りる事が出来る
  • 借りるには他社借入が年収の1/3以下でないとならない
  • 年収の1/3以上の融資を受けるにはおまとめローンを利用する
  • 交渉中で返済期日を過ぎている状態の場合は審査に通らない
  • 任意整理後の信用情報は完済すれば回復する 
  • もっと早く融資を受けたい場合は完済後に信用情報から削除を要請する

私の友人は任意整理中の交渉中のタイミングで他社から融資を受けていました。任意整理というものは、利息を支払わず3年~5年以内に元金だけ返済する債務整理の方法です。

つまり元金を返済しなくてはならないので、他社から新規で融資を受けるとより生活がしんどいものとなります。数万円程度に抑えて大きな融資は受けないように注意しましょう。