シングルマザーでもお金を借りる方法

条件別でお金を借りる

母子家庭のシングルマザーの方でもお金を借りる方法をここでは解説していきます。

よりよい生活への改善としてお役立て頂けますと幸いです。

シングルマザーにとってお金の不安はつきもの。私の姉も28歳の時に離婚し息子2人と共に実家へ戻りました。

母と折り合いがつかず、息子2人へあたりが強く、市営住宅への引越しを考えていましたが貯蓄もほとんどないので引越し代もない状況。

仕事自体は介護士を行っていたのですが、毎月貯蓄出来るお金もほとんどないので息子2人と心機一転した生活もすることも出来ず。

周りからはあなたが我慢して離婚なんかしなかったら良かったのにと言われ、当時の姉は大変精神的にも苦しい状況にありました。

どこかお金を貸してくれるところはないのかと色々と模索をしていたようです。結果としてお金を借りる事が出来たので、ここでは母子家庭のシングルマザーの方でもお金を借りる方法と貸してくれるところを解説していきます。

シングルマザーが知っておきたいお金を借りる2つの方法

具体的なお金を借りる方法は以下の2つ。

  • 母子寡婦福祉資金貸付金
  • 大手消費者のアプリローン

この2つを知っておくことが重要。どちらもメリットとデメリットもあり使い分けることで生活は大きく変わります。

ただ、注意しておきたいのはどちらも借金である為、「元金」を返済しなければならないので借りすぎは後でとても苦労するので注意。では、これらを順に説明していきましょう。

母子寡婦福祉資金貸付金

まず、母子家庭でお金を借りるなら最優先しておきたいのが「母子寡婦福祉資金貸付金」です。

利用は以下の用途で利用可能。

  • 仕事をするために技能や知識を取得する費用
  • 就職をするために必要なもの(服,靴,自転車等)の購入費用
  • 自身の医療や介護が必要な場合の費用
  • 生活費としての利用
  • リフォームや購入等による利用
  • 引越しを行うための費用
  • 子供の学費のための費用
  • 結婚をするための費用

利用の範囲はかなり広く、自身のスキルアップのための費用から引越し、子供の教育費としても利用することが可能です。

金利においても連帯保証人がいれば無利子で、いない場合は1.0%の金利でお金を借りる事が出来ます。

返済自体も「措置期間」が最長で1年(技能取得期間を終えたあと)で返済はそれからスタートするので生活自体を先に落ち着かせた上での返済となるため、一旦は返済を考えることなく生活の改善を最優先して考えることが出来るのが嬉しいところ。

返済期間も3年~20年の間の返済となるため少額の返済を続けていける上、返済期間を長くしたところで連帯保証人がいれば無利子となるので利息を考えなくても良いので長く設定しておくほど月々の生活の圧迫が少なくなります。

どれくらいの人が利用しているのか?

利用者数は、平成29年3月時点の厚生労働省の発表では1,006,332人と100万人以上の人が利用しています。

どういった条件の人が利用できる?

利用者の条件としては18歳以下(障害児の場合は20歳)の子供を持つ母子・父子家庭の人が利用することが出来ます。この際に祖父母等の同居をしていたとしても問題ありません。

この条件に該当していたとしても年収が高すぎると利用することが出来ません。年収においては

  • 全部支給(2人世帯) 160万円
  • 一部支給(2人世帯) 365万円

となっており、扶養するお子さんの人数によっても変わります。

メリットやデメリット

条件にさえ合えば、利用しないほうが損と言えるほどの好条件でお金を借りる事が出来るのでメリットしかありません。

強いてデメリットを挙げるとすればこういった事が挙げられます。

  • お金を借りるまでの時間が掛かる
  • 一括で大きな金額を借りることが出来ない
  • 元金を返す必要がある
  • 融資を受ける用途によっては利用できない可能性がある

といった項目が挙げられます。まずお金を借りる際には、窓口となるのが現在住んでいる市区町村などの自治体に相談し、面談を受け利用をする必要があります。

市区町村によっては対応が雑だったり、初回は何か理由をつけて貸そうとせず、何度か面談をする必要があったりと借りるまでに時間が掛かります。目安としてはお金を借りることの許可を得るまでにかかるのは1週間~3週間程度。

そこから、翌月からの振込となるので約1ヶ月~2ヶ月程度は見ておかなければなりません。もう一つは月々の振込で分割での融資となるタイプのものが多いので一括で大きなお金を手にすることは難しいものとなっています。

3つ目の「元金」を返す必要があるというのは、お金を借りたら返すというのは当たり前の話なのですが、自治体によっては貸付という形ではなく「補助金」という形でもらえる事もあるので借りる前に一度、こういった状況でお金に困っている状況だが、補助金などはあるのかという事も同時に確認しておきたいところです。

そして最後に、融資を受けるためのものとしては、あくまで生活を立て直し自身の自立とお子さんの福祉を増進する事を目的とされている制度なので国の定める「人間らしい生活」を送るための最低限の費用を借りる事が出来るというもの。

当然、娯楽費や趣味等の物品を購入するための費用、他社のローンを払えないから借り換えとしての利用は出来ません。

利用用途によっては借りることが出来ないというところが強いて言うデメリットなところです。

大手消費者金融のアプリローン

シングルマザーでも手軽にお金を借りることが出来るのが消費者金融の取り扱うアプリローン。

こちらはアプリを使って振込やATM出金を行えるローンであり、スマホ1台で全ての手続きや融資を受けることが出来るので利便性としては抜群です。

こちららは仕事をしている人であれば誰でも利用することが出来ます。

お金自体も、申し込みから早ければ1時間ほどで現金を出金することが出来るほどのスピードも魅力。何より事業資金以外の用途であれば何に対しても利用することが出来る手軽さが人気。

ただし、その分、利息は「母子寡婦福祉資金貸付金」とは比べ物にならないほど高く、ほとんどの場合は18.0%の金利で契約となります。

手軽さゆえに高金利という言うことをよく理解せずに借りてしまうと後で余計に生活が苦しくなるので、シングルマザーの方は限度額を多くても10万円~20万円以内にしておき、それ以上借りないことを前提として利用するようにしましょう。

アプリローンを使うことのデメリット

デメリット面は1つ。金利が高いということ。大抵の場合は18.0%の金利であり母子寡婦福祉資金貸付金の連帯保証人なしと比べると18倍もの利息が掛かります。

どのくらいの利息かというと、10万円借りたら月に1,500円ほど利息だけで取られます。

2万円ほど借りると月に300円ほど利息で取られます。

正直5万円以内であればこれほど使い勝手が良いものはなく全然利息も大したことはありませんが、20万円以上になってくると3,000円にもなるので利息も大変高いものとなります。 利用に関しては高い利息を払ってまで借りないとならないお金なのかをよく考えて利用するようにしましょう。