収入証明書なしでお金を借りる方法

条件別でお金を借りる

お金を借りる際に提出する書類で身分証明書の提出は普通ですが、収入証明書の提出が求められることがあります。

普通にそんなの持ち歩かないですよね。そんな書類がいらないところから借りたい人のための記事です。

通常、キャッシングやカードローンの場合は収入証明書の提出を求められる事はほとんどありません。

少額の融資でも求められるのは中小の消費者金融が多く大手ではむしろレアケース。

ですが収入証明書の提出が必ず必要になる条件などもあるのでこれに該当しない様にしなければ提出を求められてしまいます。

ここでは収入証明書なし(原則)でもお金を借りられる条件と絶対提出が必要となる条件の避ける方法を紹介していきます。

収入証明書が必ず必要となる条件について

まず、大前提としてこれを知っておかなければ必ず提出が必要となるので注意!
まず法律的なことをみていくと貸金業法にはこのように記載があります。

貸付けの金額(極度方式基本契約にあっては、極度額)が、既存の貸付けの契約の貸付けの残高(極度方式基本契約にあっては、極度額)と合算して50万円を超える

貸付けに係る契約貸付けの金額(極度方式基本契約にあっては、極度額)が、既存の貸付けの契約の貸付けの残高(極度方式基本契約にあっては、極度額)と、指定信用情報機関から提供を受けた他の貸金業者の貸付けの残高を合算して100万円を超える貸付けに係る契約

日本貸金業協会ウェブサイトより

聞きなれない難しい単語が並んでいますが簡単に言うとこうです。

初回融資希望額が50万円を超える場合がまず1つ。

今借りているキャッシングやカードローンの残高と今回の希望額を合算すると100万円を超える場合です。

図解で言うとこのようなイメージ。

収入証明書の提出が必ず必要となる条件の図解
既に100万円の限度額がある場合は1円でも希望すると提出が必須となる

初回契約の人は50万円以下の希望額にすればいいので解決方法は非常に簡単。

ですが既に他社から借りている人はまた話が異なります。

例えばプロミスに新規契約で20万円ほど新しく融資を受けたい場合。

では、ここで質問。

すでにアコムに50万円の限度額中、30万円。アイフルに50万円の限度額のうち30万円の融資を受けていたとします。

プロミスへの希望額は20万円で現在実質的に借りているのはアコム30万円、アイフル30万円で合計80万円になります。

これは収入証明書の提出が必要になると思いますか?

答えは必要です。なぜかというと限度額自体がすでに100万円なのに新たに20万円で契約を行うからです。

実質的に借りていなくても限度額、つまりリボルビング契約の借入枠を設定した契約も実質的に借りている扱いになると言うわけです。

これは借り換えであってもおまとめローンであっても同様。むしろこちらのほうが大口での融資となるので必要になる可能性が高いです。

ちなみにですが、カードローンやキャッシングの申し込みを行う際に現在他社へのお借入状況というのを自己申告で入力する欄があるのですが、これに嘘をついたらバレないのでは思っている人も少なくありません。

この情報、正直に書かないと審査時にマイナスポイントとなります。

なぜなら全て信用情報に記載されているからです。

ここで信用情報について詳しく解説するとかなりの長文になるので簡単に説明させてもらうと全てのローンは「国の指定する信用情報機関」に保管されています。

例として私の信用情報を見てみましょう。

アコムに契約すると記載される情報
私のアコムと契約内容が記載されている信用情報

これ見るとえぐいですよね。住所から仕事先、残債、月の返済額、滞納してないかとかすべて書かれてますから。

全てのローンはこの信用情報が共有されてます。こんなの登録した記憶がないという人もいるのですが書くのは業者側でこれは申込前の同意を利用規約にしっかりと明記されています。

ローン業者は顧客にお金を貸し出す業務をするためにはこの指定信用情報期間への加入が義務つけられています。

目的として要は貸付しすぎて多重債務になり返済不能の状況までを防止するため。
つまりこれらの条件に該当する事がなければ収入証明書を提出することなくお金を借りれるという事を意味します。

これらの条件にも該当しないのにも関わらず提出を求められたケース

Aさんのケース

仕事をし始めて3ヶ月の主婦の場合

Aさんは専業主婦だったが、パートを3ヶ月前から始めた。ローンの契約自体はこれまでなかったが、今回始めてカードローンの申込を行った。

仕事してまだ3ヶ月目と日が浅く、雇用形態もパートという立場が原因の可能性が高い

Bさんのケース

会社への電話連絡はせずにお金を借りたいサラリーマンの場合

Bさんは正社員としての雇用形態で既に5年以上同じところで仕事をしているが普段会社へ自分宛に電話がかかってくることがないので在籍確認を電話連絡ではなく書類の提出に変更をしてもらった。

給与明細や源泉徴収票の提出を行うことで在籍確認としてみなしてもらうために提出を求められた。

Cさんのケース

他社ローンを別の会社で契約したが転職し別の会社へ申込を行った場合

今回の新たな申込とは別に以前に2社ほど利用しており現在も返済中。総額は30万円ほどだが、職場が変更となっていたので、収入が大きな変更があったかも知れない可能性があるので求められた可能性が高い。

通常はこれらの条件に該当したとしても収入証明書の提出を求められるのはレアケースです。ですが、審査担当者が提出することを必要であると判断した場合はこれに従わなければなりません。10万円程度の小口融資ならほぼないと言っても過言ではありませんが、50万円以上となると確率は高くなります。

収入証明書不要でお金を借りることのまとめ

このページで重要な項目をまとめています。こちらとしても提出が面倒なので出したくはないのですが、それは業者側にとっても同じことです。

極力面倒な事はしたくないというのが本音だと思いますので以下の提出を逃れる為の方法をご活用ください。

  • 融資希望額は50万円以内にすること
  • 他社の限度額含め今回の希望額が総額100万円を超えないこと
  • 在籍確認は会社への電話連絡にすること(デフォルト)
  • 中小の消費者金融へは申込を行わないこと

重要なのはこの3点。ただし審査によっては提出をしてもらわない限り融資をする事ができないというケースもあるのでその場合は他社に申込するからキャンセルしてしまうと申込情報自体は残るので審査落ちとして他社はみなす可能性があるので注意です。こういった場合は仕方ありませんが提出を行う形で契約を行いましょう。