在籍確認なしでお金を借りる!回避方法とそもそもないカードローンを教えます!

在籍確認なしでお金を借りれるカードローンはこれ条件別でお金を借りる

いくらすぐにお金を借りたいと言っても会社に電話されるのって抵抗ありますよね。初めての人なら尚更です。

カードローンの契約の際に必ず行われるのが在籍確認。方法は会社へ直接電話を行い申込者本人がそこで本当に仕事をしているのかを確認する事を言います。

中には抵抗ない人もいるかと思いますが、これって嫌ですよ?できれば回避したいですよね?

もちろん方法があります。という事でここでは会社への電話連絡をなしにしてもらいお金を借りる方法とそもそも在籍確認なしで融資を受けることが出来るカードローンなどを紹介していきますので是非お役立て頂けますと幸いです。

在籍確認なしですぐにお金を借りる方法

即日融資に対応したカードローンは通常は電話連絡が行われるのでこちらから交渉しなくてはなりません。

早ければ申し込みから1時間ほどでお金を借りることが出来るカードローンは必ず会社への電話連絡が行われます。

具体的に言うとプロミス、アコム、レイクALSA、アイフル、SMBCモビットの5社です。これら5社は以下のタイミングで電話が掛かります。

各社の在籍確認のタイミング(WEB完結)
プロミス仮審査完了後に自動的に電話
アコム仮審査完了後に自動的に電話
レイクALSA本審査時に本人確認書類提出後に電話
アイフル本審査時に本人確認書類提出後に電話
SMBCモビット本審査時に本人確認書類提出後に電話

基本的にweb完結(インターネットで全ての手続きを済ませるコト)を行った場合は今から電話するという事前告知なしに電話が掛かってきます。特にプロミスとアコムに関してはスピード融資を前提としたカードローンなので仮審査完了後にいいふうに言うとサクッと済ませてくれる。悪いふうに言うと勝手に電話してくるという流れとなります。

勝手に会社へ電話してくるのを阻止するには

こちらから事前に伝えておかないと電話は必ず掛かってくるので注意。

仮審査完了後に勝手に会社へ電話を行ってくるのを阻止する方法があります。方法といってもシンプルなもので、こちらから「会社への電話連絡をなしにして欲しい」と伝えるだけです。私の場合は、こういったふうに交渉を行っています。

すみません。会社への電話はホントにまずいのでそれ以外の方法でなんとかなりませんか?

会社へ電話は本当に困るからやめてほしいという事を伝えています。理由としては普段から自分宛に電話が掛かってくることがほとんどないのでここで電話されたら会社へ怪しまれてしまうという事を相談する形の交渉が最もよいと私は考えています。

ただ、この交渉。いつすればいいのかよくわからない場合もあって気がついたら電話をされていたという事もあります。各社へ在籍確認なしの交渉は以下のタイミングで行ってください。

プロミスかんたんお申し込みで入力しすぐに電話が掛かってくるのでそのタイミングで伝える
アコム仮審査完了後に電話で連絡が来るのでそのタイミングで伝える
アイフル仮審査完了後に電話で連絡が来るのでそのタイミングで伝える
SMBCモビット仮審査申込み後に30分~60分後にこちらから電話して伝える
レイクALSA仮審査完了後に電話で連絡が来るのでそのタイミングで伝える
WEB完結で申込みの場合は掛かってこない場合があるので申込を行った後にこちらから電話して伝えるようにする

このタイミングで伝えることで電話連絡なしにするための交渉を行えます。

電話連絡なしにする条件として提出する書類

電話連絡なしにしてもらう場合は、代わりに書類の提出が必要となります。必要な書類はこれ!という明確なものはなく、基本的にその会社でないと発行出来ない書類の提出や収入証明書などがその代替えとして提出を求められます。基本以下の書類があれば問題ありません。

  • 会社発行の健康保険証
  • 給料明細書(在籍確認の場合は最新の1ヶ月)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書

これらの提出を行うことで電話での連絡をなしにする事も可能です。ただし注意点としてはまだ仕事をして間もない人や、他のローンなどの情報で勤務先が異なる場合などはどうしても会社へ電話で確認しないとならないと判断されることもあります。これは審査担当者の裁量によって変わる事が多いのでこれらの書類を提出したからといって確実に在籍確認なしになるとは限りません。

在籍確認がないカードローンを利用する

私が利用した中で在籍確認がそもそもなかったカードローンを紹介します。

どうして在籍確認が難しいという人はそもそもの在籍確認による電話連絡がないカードローンを利用することがおすすめ。とは言えこれらは確実にないというわけではなく、あくまで業者側が電話で確認すると判断した場合は電話がかかってくることもあるので注意。

更にもう一点ほど注意点としては融資までに時間がかかることが大半で3週間程度は見ておいたほうがいいです。審査も2週間程度掛かるので、どちらかというといざという時の為に融資枠だけは確保しておきたいという人向けです。

その1 三菱UFJ銀行

こちらは、三菱UFJ銀行のカードローンですが「バンクイック」ではなく、普通預金口座と連携したカードローンのタイプになります。もちろん口座開設も必要なのでまず最初に支店へ行き預金口座開設しそのまま申込みかインターネットで口座開設を行インターネットで申込みも出来ます。

口座開設を銀行で行うと1日で済みますが、インターネットだと3週間程度掛かるので合計で1ヶ月以上は掛かるので借りるまでがかなり手間。

こちらは私の場合だと電話が本人に掛かるのみで会社への電話連絡自体はありませんでした。


その2 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の場合も口座開設を先に済ませておく必要があります。口座開設後にログインしてインターネットでカードローン機能を付けてもらう申請を行う形で申込を行います。

大体3日~1週間以内に結果がメールで届き、融資可能だったらインターネット上で融資可能額が表示されます。審査落ちの場合はメールで結果のみが伝えられます。電話等でのやり取りは一切ありません。

口座開設までに2週間程度掛かりはしますが既に持っている人なら利用する価値はあるかと思います。

いかがだったのでしょうか?在籍確認なしでカードローンをすぐにでも利用したい人は大手消費者金融のカードローン。時間があるという人は私の上記で紹介したカードローンの利用がおすすめです。